社会保険料適正化

一般的な社会保険料の認識

社会保険は、健康保険(健康保険組合等含む)と厚生年金保険で構成されており、その保険料は報酬や給与の約15%を占める、事業主にとっては非常に負担の大きい制度と言えます。

あおばが提案する社会保険料適正化

社会保険料適正化には様々な考え方があるものです。

ひとつには、社会保険には2つの加入要件があり、この2つの加入要件を満たす場合には必ず加入しなければなりませんが、裏を返すと、2つの内1つでも加入要件から外れれば加入する必要がないという点に着眼して行うこともあります。

また、標準報酬月額等級には幅がありますので、ここの着眼する適正化の方法もあります。
さらには、極めて大掛かりな仕組みを導入して適正化を図ることもあります(提携コンサルタントによる実施)。